センネンダイ

【沖縄本島のダイビングで撮影したセンネンダイ幼魚の水中写真】

昭和33年(1958年)の今日、ラジオ東京(現TBS)にて「月光仮面」の放送が開始したことから”月光仮面登場の日”とされている。ちなみに国産初のテレビ映画だったらしい。
小さい時に月光仮面を見ていたような気もするが、改めてYouTubeで見てみると歌の前半はスタッフの名前で絵が見えないし、よく見てみると結構なガニ股で運転していることに気付いた。

で、月光仮面は誰だった?

     

センネンダイ幼魚

こちらの魚は、岩礁域サンゴ礁域に生息するフエダイの仲間で『センネンダイ』幼魚の水中写真。
沖縄本島の東海岸でダイビング中に撮影した一枚だ。
今のように北風の吹く季節には、沖縄本島が壁の役割を果たしてくれるので、東海岸はダイビングに適した環境へと早変わりするうえに、西海岸とは異なった生物群が揃っているのでトロピカルな海に飽きてきたダイバーには人気がある。

センネンダイは体高が高く、幼魚から若魚までの間は、体側に赤い帯が走るので、一目で判別できる。

     
沖縄本島のダイビングで撮影したセンネンダイ幼魚の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したセンネンダイ幼魚の水中写真
     

センネンダイ幼魚の外観特徴

センネンダイの背鰭は、通常11棘16軟条であること。また尻鰭軟条数は通常10。体側下半部の鱗はほぼ斜め上後方へ向かう(幼魚は不明瞭)ことで区別可能。

     

センネンダイの分布

センネンダイは、小笠原諸島、和歌山県田辺、高知県須崎、愛媛県愛南、兵庫県香住、島根県浜田(幼魚)、屋久島、琉球列島;台湾、広東省、海南島、広西省、西沙群島、南沙群島、インド-西太平洋(ニューギニア島北岸以東を除く)、ハワイ諸島での観察記録がある。

     

和名 : センネンダイ(スズキ目フエダイ科フエダイ属)
学名 : Lutjanus sebae
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -13m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)