ソフトコーラル

沖縄本島のダイビングで撮影したソフトコーラルの水中写真

沖縄本島西海岸の海水温も21度まで下がってきた。
伊豆ダイバーだった頃は、降雪の中でもドライスーツで気温0度・水温14度の大瀬崎や、同じく気温0度で雪が降る中で水温11度の東京湾などを潜ってきたが、リゾート沖縄に来てからはすっかり体が鈍ってしまった。
あの28度~30度の水温の快適さを知ってしまうと・・・

沖縄本島のダイビングで撮影したソフトコーラルの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したソフトコーラルの水中写真

6.5mmウエットは暖かい

とは言っても、6.5mmウエットスーツだと水中は快適。
1時間、2時間潜っていてもあまり寒くない。

黒潮の当り方が異なる沖縄本島の東海岸では2~3度程水温が低くなるが、それでも全然大丈夫。
それよりも川だな。

川は東側のほうが水温が高く、西側のほうが水温が低い傾向がある。
太陽の当たっている時間と関係があるのかなと勝手に考えているのだが、本当の理由は知らない。

沖縄本島のダイビングで撮影したソフトコーラルの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したソフトコーラルの水中写真

今年も色々な事があるだろうが、マイペースで潜って行きたいと思っているので、お知り合いの方、横のつながりのある方々、宜しくお願いしますね。

撮影日 : 2015年1月11日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -5m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)