タイワンスズメダイ

タイワンスズメダイ
タイワンスズメダイ

参院選での自民党圧勝。
意味のないねじれが解消され、国民が 『経済政策』 を最も重要視しているという結果が表れましたね。
週明けの株価が気になる方も多いのではないでしょうか。
そんなワタクシは金曜日に期日前投票を済ませていたので、週末は波高1mというベタ凪ぎの海へ繰り出していました。
沖縄の海は、水面の水温は30度、浅場は29度、深場でも28度という最高のシーズンです。

写真はタイワンスズメダイ。
背鰭と尻鰭の後方にある黄色い斑が特徴のスズメダイですが、灯台もと暗しのような場所で撮影しました。

・サンゴ礁域外側斜面の水深12~70m(通常は20~30m)
・潮通しの良い25m以深で岩棚の下など暗い場所を好む
と、様々な書籍にも書いてある通りの場所に4~5個体ほどで小さく群がっていた(写真1枚目)

タイワンスズメダイの前鰓蓋骨縁辺は鋸歯状で、背鰭棘数は12。

タイワンスズメダイは、沖縄諸島以南の琉球列島、台湾南部、西太平洋、ミクロネシア(マーシャル諸島を除く)、モルジブ諸島、アンダマン海に分布する

タイワンスズメダイ

タイワンスズメダイ

和名 : タイワンスズメダイ
学名 : Chromis elerae
撮影日 : 2013年7月21日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -30m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)