タキベラ

【沖縄本島のダイビングで撮影したタキベラ(若魚)の水中写真】

今日も語呂合わせで「119番の日」。
消火器の点検や防火設備の確認をこの機会にもう一度考えてみるには良い機会かも知れない。
カマスベラで書いた118番は、海難事故の通報先だが、万一ゴジラが海の中から現れた場合はどうすれば良いのだろう。

     

タキベラ

下記は、ベラの仲間で「タキベラ」若魚(young adult)の水中写真。

     

タキベラ (15cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したタキベラ(若魚)の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したタキベラ(若魚)の水中写真

     

岩礁域からサンゴ礁域に生息する魚類で、写真のようにオジサンなどヒメジ科の魚が生息する場所で同じように見かけることがある。
個体数はそれほど多いようには思えず、やや稀種に入るかも知れない。

     

タキベラ (15cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したタキベラ(若魚)の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したタキベラ(若魚)の水中写真

     

タキベラという和名の由来は、特に幼魚のステージでハッキリとしている体側中央に走る横帯。
幼魚を指して和名が提唱されたのではないかという説もある。

沖縄本島では「アカレー」と呼ばれており、砂糖と醤油で煮付けにしたり、鍋やみそ汁の具、カルパッチョや焼霜にして食べても美味しいと言われている。

     

タキベラ (15cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したタキベラ(若魚)の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したタキベラ(若魚)の水中写真

     

タキベラの外観特徴

その他、同定の根拠として、背鰭棘条部前半上縁は黒色で体側後背部の黒色域は尾柄部まで広がらない。胸鰭先端部は黒色(成魚)。吻は尖らない。尾鰭は湾入形。胸鰭基部に顕著な黒色斑がないなどがある。

     

タキベラの分布

タキベラは、伊豆諸島、小笠原諸島、硫黄島、静岡県土肥、和歌山県南部、高知県、屋久島、琉球列島、南大東島;台湾、東沙群島、南アフリカナタール~モーリシャス(南半球)、オーストラリア東岸~バヌアツ、ツアモツ諸島での観察記録がある。

     

和名 : タキベラ(スズキ目ベラ科タキベラ属)
学名 : Bodianus perditio
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -8m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)