タテジマキンチャクダイ

タテジマキンチャクダイ
タテジマキンチャクダイ
昨日(月)は、お盆の代休ということで3日連続で海へ。
マリンレジャーは、この3日間がまさに山場といった感じで海の中は大混雑ですね。これだけ海に通っていると革靴を履いた生活にすぐに戻れないんですよね(笑)
土日にガイドをしている時にゲストさんが気にしていた魚の一つ『タテジマキンチャクダイ』。
幼魚はサザナミヤッコの幼魚と似ていることや、黒潮に乗って本州の海にも現れるので伊豆や和歌山でダイビングをしていた頃に何度か話題に出たようなことを思い出しました。
なので、向こうでタテジマキンチャクダイと言うと、幼魚のイメージが強いんですよね。
沖縄ではタテジマキンチャクダイといえば成魚というイメージがあるんですが、どっちが多数派なんでしょうかね。
サザナミヤッコ と同じくキンチャクダイ科特有の鰓蓋下部に棘がありますが、近未来的な顔のほうがインパクト強し!
英名でエンペラーと名付けられている通り、大型のキンチャクダイ科です。

和名 : タテジマキンチャクダイ
学名 : Pomacanthus imperator
撮影日 : 2011年8月15日

タテジマキンチャクダイ

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)