タテフエダイ

今日は『冬至』。
柚子の持ち合わせがないので、徳島産の柚子の湯という入浴剤で、湯船で「しっぽり」してみようかと思います。
冬至と言っても、地熱とのズレがあるので、これから2月にかけて寒い時期。
体調管理は気を付けたいですね。
タテフエダイ
今日は『タテフエダイ』。
岩礁域・サンゴ礁域に生息するフエダイの仲間で、釣りでは知られている魚ですが、ロクセンフエダイヨスジフエダイのように水中での観察記録が多くないため、ダイバーが見る図鑑では見かけることが少ないように思えます。
他のダイバーさんが潜らない様な海域で潜っていると普通に見かけるのですが。

タテフエダイの特徴は、体側に黒色斑がないこと・体側中央部の縦線は他の縦線より幅が広く、黄褐色であること・前鰓蓋骨後部下縁に小鱗があることなど。
似た種で、体側を走る縦線の後半部に1黒色斑があり、前鰓蓋骨後部下縁に小鱗がないヨコスジフエダイという魚もいます。

和名の由来は体側を走る1本の縦線からタテフエダイとされているようです。

タテフエダイ

タテフエダイは、三浦半島、和歌山県串本、沖縄諸島以南の琉球列島、南大東島;台湾、東沙群島、広東省、広西省、海南島、タイランド湾、インド-西太平洋(セイシェル諸島~ギルバート諸島)、マーシャル諸島での観察記録がある。

和名 : タテフエダイ(スズキ目フエダイ科フエダイ属)
学名 : Lutjanus vitta
撮影日 : 2008年5月5日
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)