チゴベニハゼ

チゴベニハゼ
チゴベニハゼ
昨日は綺麗に晴れ渡っていた沖縄本島ですが、今日の午後あたりから再び梅雨のような大雨に見舞われています。
ここ数日は国道でジェットスキーを牽引している乗用車を見かけることが多くなってきました。
マリンレジャーの本格的なシーズン到来を感じずにはいられません。
・・・って、「一年中海に行ってる人が何を言う」ってツッコまれそうですが。

写真はチゴベニハゼ。
基本的に日本本州では見られないベニハゼ属の仲間だと思います。
沖縄本島では、壁面・斜面・リーフの亀裂内と至る所で見かける普通種なんですが、ちゃんと撮影をしていないことに気付いたので、この週末にパシャリと軽く撮ってきました。
チゴベニハゼの和名の由来は、おそらく「稚児」かなと。頭部が黒いことから「位星」と関連づけられたのか、単に小さくて可愛いから「稚児」なのかは分かりませんが、多分そうじゃないかなと思っています。

チゴベニハゼは、第一背鰭の第二棘が伸長することと、尾部の腹側に白色斑が縦列することがチゴベニハゼの外観特徴。近似のベニハゼには前述した特徴はありませんので区別ができると思います。
チゴベニハゼは、琉球列島、インド・太平洋に分布。
和名 : チゴベニハゼ
学名 : Trimma naudei
撮影日 : 2012年4月21日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -16m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)