チンヨウジウオ

【沖縄本島のダイビングで撮影したチンヨウジウオの水中写真】

今週も今日・明日が終わればゴールデンウィーク。
週間予報と天気図だけを見ている限りでは、何となく北風になるのではないかと思っていますが、夏ポイントが出来るだけ穏やかであることを祈ります。

チンヨウジウオ

写真は、チンヨウジウオ。
一応、稀種とされており、サンゴ礁域の水深-6m~-23mにあるアザミサンゴ(直径60cm~6mまで)に「共生」すると記載されています。
西表島産の標本に基づき、日本初記録種として報告されたそうな。

チンヨウジウオの「チン」はクルマのチンスポイラーなどと同じく、顎という意味で和名の由来となっているのではないかと思います。

沖縄本島のダイビングで撮影したチンヨウジウオの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したチンヨウジウオの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したチンヨウジウオの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したチンヨウジウオの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したチンヨウジウオの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したチンヨウジウオの水中写真
     

チンヨウジウオの外観特徴

チンヨウジウオの吻は、近似種と比較して管状ではない事が最大の特徴のようです。

     

チンヨウジウオの分布

チンヨウジウオは、沖縄島、八重山諸島、小笠原諸島;スマトラの東インド洋沖、ウエスタンオーストラリア、パラオ諸島からの報告がある。

     

和名 : チンヨウジウオ(トゲウオ目ヨウジウオ科チンヨウジウオ属)
学名 : Bulbonaricus brauni
撮影日 : 2008年11月16日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -19m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM