ツバメタナバタウオ

ツバメタナバタウオ
ツバメタナバタウオ

オジサンで書いた熱帯低気圧が台風になり、また微妙なコースで迫ってきていますね。
勢力はそれほどでもないのに、海はまあまあ荒れてしまうのです。

写真はツバメタナバタウオ。
珊瑚礁外縁部の岩穴、洞窟、ケーブなどの暗がりで天井に沿うように逆さまに泳いでいるちょっと変わった魚です。

同じ暗がりにはテンジクダイ科の魚や、ハタンポの仲間、アオギハゼなども一緒に目にします。
そう言えば、今の時期はアオギハゼの幼魚もたくさん居てるので是非観察してみてください。

ツバメタナバタウオ琉球列島、台湾、西部太平洋の熱帯域に分布する。
和名 : ツバメタナバタウオ
学名 : Assessor randalli
撮影日 : 2013年6月15日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -16m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)