ツユベラ幼魚

【沖縄本島のダイビングで撮影したツユベラ幼魚の水中写真】

2004年の今日、TVアニメ「プリキュア」シリーズ第1弾「ふたりはプリキュア」が放映開始したそうな。

女の子のいる家庭では避けて通れないプリキュア。

私もすっかり詳しくなってしまい、魔法つかいプリキュアシリーズから参戦?させてもらったが、ついにこの前の日曜日に最終回を迎えてしまい、次の日曜日から新しいシリーズのプリキュアが始まる。

併せて3月には映画の公開、合間のCMにはこれでもかと言わんばかりのオモチャの宣伝と来るので、これから2歳、3歳を迎える女の子のいるパパ・ママも今のうちに予習しておくことをオススメする。

ツユベラ幼魚

写真はツユベラの幼魚。
サンゴ礁域の礁斜面や水路などの潮通しの良い環境で水深5~20m付近に生息しているベラの仲間。
ツユベラの幼魚は、伊豆の海でも死滅回遊魚として出没するので、沖縄に限らず広い範囲で生息しており観察も容易なことからダイバーには人気がある。

関係する論文によると、ツユベラの幼魚の食性はヨコエビを中心とした小型甲殻類から体の成長に伴って大型の貝類やカニ類へと食性を移行させるようで、採餌方法もちびっ子の頃は海底表面の捕食だけだが、体長5cmを越えると体の大きさに比例して徐々に大きな石を裏返す捕食方法へと移行していくとか。
その結果、対象となる餌が重ならないので自分の行動圏の拡大を押さえることが可能になり、捕食に関するリスクを下げていることが考えられているようだ。

 

ツユベラ(yg) (2cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したツユベラ幼魚の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したツユベラ幼魚の水中写真

 

ツユベラ(yg) (2cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したツユベラ幼魚の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したツユベラ幼魚の水中写真

 

ツユベラ幼魚の外観特徴

ツユベラの幼魚は鮮やかなオレンジ色の体色をしており、吻から尾柄までの背側に黒い縁取りのある白色斑が5つ並ぶことで識別は容易。
この奇抜な斑紋は有毒生物を想起させ、何らかの防衛的な効果があるのではないかと考えられている。

ツユベラの分布

ツユベラは、南日本の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島、東部インド洋~中・西部太平洋の熱帯域に分布。

和名 : ツユベラ(幼魚)
学名 : Coris gaimard
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -15m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM