デルタスズメダイ

デルタスズメダイ
どうも梅雨入りしたっぽい沖縄本島です。

写真はデルタスズメダイ。
全国的に見ても、沖縄本島のダイビングでも個体数はそれほど多くないと思います。
書籍によるとサンゴ礁外側斜面の水深-10m~-80mに生息。-20m以深に多い。とある通り、写真の個体は-40mで撮影したものです。

水深がそれなりにあるので、透明度の悪い時や良くても曇っていて水中が暗い時は、アマミスズメダイシコクスズメダイ の様にも見えますが、この水深に単独で居てることが不自然なので、気付く人はすぐに分かるのではないかと思います。
外観の特徴としては尾柄部のみが白くなること。

デルタスズメダイの和名は学名の種小名のdeltaから由来するものと思われます。

デルタスズメダイは、南日本の太平洋岸、琉球列島、インド・西太平洋に分布する。
和名 : デルタスズメダイ
学名 : Chromis delta Randall, 1988
撮影日 : 2013年5月6日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -40m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)