トウアカクマノミ

【沖縄本島のダイビングで撮影したトウアカクマノミの水中写真】

しばし更新しない間に寒波がやってきて、みぞれが降ったり、節分が終わったり、その他色々な行事がありました。
朝から晩まで子供中心の生活を送っているので、忙しいながらもそれはそれで満足なのですが、やはり自分の時間も確保したいところ。
今夜のように寝かしつけをしていないのに二人共眠ってくれると大変助かるのですが、それはもう少し先の話なのかも知れません。

トウアカクマノミの若魚

沖縄本島ではクマノミの仲間を6種類見る事が出来るという幸せな環境なのですが、その仲間の1種でトウアカクマノミです。
成魚になるともっとでっぷりとして色合いも濃くなるのですが、この時は若魚だけしか居ませんでした。

しかも写真(上)は他のクマノミと同居しているという環境。

共に沖縄本島の北部にあるダイビングポイント「ゴリラチョップ」にて撮影したものです。

トウアカクマノミについては、沖縄本島の東海岸に行くと、岸から5m程度の距離で水深も-1m程度という浅場環境で簡単に見ることができます。

沖縄本島のダイビングで撮影したトウアカクマノミの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したトウアカクマノミの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したトウアカクマノミの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したトウアカクマノミの水中写真

和名 : トウアカクマノミ
学名 : Amphiprion polymnus
撮影日 : 2009年1月25日・2009年2月1日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -15m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM