トゲクサビライシモドキ

沖縄本島のダイビングで撮影したトゲクサビライシモドキの水中写真

放射性廃棄物の処分場の押し付け合いに、小笠原諸島の中国船のサンゴ密猟に、エボラ出血熱の疑いに、物騒な話が多い本日は『立冬』。二十四節気の一つで、暦の上では冬の始まりとされている。
とは言ってもまだまだ半袖半ズボンで外出できるようなレベルの沖縄本島。
本格的に寒さを感じるのはもう1周間ぐらい先になりそうだ。

沖縄本島 ダイビング トゲクサビライシモドキ 水中写真
写真は、「トゲクサビライシモドキ」というイシサンゴの仲間。
サンゴ礁のガレ場などに転石のごとくバラバラと落ちているように見えるのだが、誰かに教えてもらわないと生物だとはあまり思わないかも知れない。

流れのある時には触手の様なものを出して捕食しているように見える時もある。

和名 : トゲクサビライシモドキ(六放サンゴ亜綱イシサンゴ目クサビライシ科トゲクサビライシ属)
学名 : Ctenactis crassa
撮影日 : 2010年7月18日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -25m

※Wordpressの予約機能で投稿

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)