ニシキオオメワラスボ

ニシキオオメワラスボ
ニシキオオメワラスボ
旧暦に沿って行事が多い沖縄地方。地元をベースにしている企業はほとんどがお休みでした。
ちなみにお盆期間は今日・明日・明後日の3日間。沖縄市を中心に各地でエイサーを行いながら街中を歩く道ジュネーが繰り広げられます。個人的には見せ物ではない、道ジュネーのほうが好きです。

写真はニシキオオメワラスボ。
脱腸なのか排泄中なのか、はたまた何かに寄生されているのか、この写真からは判断しにくいのですが、お尻の辺りから何かが出ていますね。(・・;)

ニシキオオメワラスボは、鰓蓋と尾鰭基底に明瞭な黒色斑があることが外観の特徴。
ガレ場、サンゴ周辺、砂底と色々な場所で見かけるが、砂底で撮影のため距離を縮めていくと砂の中に潜ってしまうシャイな性格の魚です。
ニシキオオメワラスボは、南日本の太平洋岸、琉球列島、インド・太平洋に分布するハゼの仲間。

和名 : ニシキオオメワラスボ
学名 : Gunnellichthys curiosus
撮影日 : 2012年8月18日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -6m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)