ニシキカワハギ

ニシキカワハギ
ニシキカワハギ
今週末に使いたかった水中ライトを調達できた。
先々週の3連休で、1年ちょっとしか使ってないライトが急に点かなくなったので困ってました。

写真はニシキカワハギ。
普通種だと思いますが、撮影すると綺麗な魚。
尾鰭を見ていると扇子を連想してしまいます。
ニシキカワハギは、伊豆方面でも死滅回遊魚として見られるかと思います。
これは砂辺のチェーンを降りた付近の講習場で撮影したもの。

<ニシキカワハギ>
サンゴ礁の水深-15m以浅に生息。
サンゴや岩、壁からあまり離れずに移動している様子を見かけます。
前半の体色は青みがかっており、後半は黄緑色。尾鰭は派手な橙色。鰓孔の周辺に暗色斑があることが外観の特徴。
南日本の太平洋岸、琉球列島、インド・太平洋に分布する。

和名 : ニシキカワハギ
学名 : Pervagor janthinosoma
撮影日 : 2011年10月16日

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)