ニセカエルウオ

【沖縄本島のタイドプールで撮影した ニセカエルウオ の水中写真】

ニセカエルウオ の♂と♀の 水中写真 。

岩礁性海岸の タイドプール でよく見かける魚類で、イソギンポの仲間。

因みに、当サイトでよく出てくる「岩礁性海岸」とは、写真(下)の様な形質をしている海岸のこと。

沖縄本島 タイドプール
沖縄本島 タイドプール
     

普通のダイバーさんは、歩いて通り過ぎてしまうような場所にも多くの生物が生息していて楽しむ事が出来るので、水面休息の時間を有効活用して楽しんでも良いと思う。

寝そべると、意外と痛いのでウエットスーツは着用していたほうが良い。圧縮空気を使わないので体内残留窒素の心配もなく、水面休息だけではなく、飛行機に乗る当日でも楽しむ事が出来るという利点もある。

ニセカエルウオ は、先日の タマギンポ と同じ環境に生息している普通種。

但し、普通種とは言っても波打ち際に近い場所に生息しているため、一般のダイビングではまず目にする事がないという魚でもある。

     

ニセカエルウオ

ここから、ニセカエルウオの♂。
まずは頭部の皮弁がカッコイイ顔面のアップ。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
     

同じ♂個体を、もう少し引きのアングルから撮影したもの。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
     

コチラは別個体の ニセカエルウオ ♂。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
     

さらに別個体の ニセカエルウオ ♂ を真横から撮影。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雄 の 水中写真 (6cm SL)
     

ここから ニセカエルウオ ♀。
まずは顔のドアップから。眼上皮弁がないので少し物足りない感も。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
     

同じ♀個体をもう少し引きのアングルから撮影。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
     

全体的に暗色っぽい感じの ニセカエルウオ ♀ 。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
     

明色っぽい体色の ニセカエルウオ ♀ 。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
     

最後にもう一丁 ニセカエルウオ ♀ 。

沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
沖縄本島 タイドプール で撮影した ニセカエルウオ 雌 の 水中写真 (6cm SL)
     

ニセカエルウオ の外観特徴

・雌雄により斑紋に差異がある
・雄♂は、横帯が背鰭まで到達し、頭部に皮弁がある
・雌♀は、体側後半・背鰭・臀鰭に小暗色点が散在する
・背鰭軟条数は通常20(19~21)
・臀鰭軟条数は通常22(20~23)
・背鰭は高く、背鰭最長軟条長は体長の15.5%~19.7%

     

ニセカエルウオ の分布

ニセカエルウオは、八丈島、和歌山県白浜、高知県、鹿児島県薩摩半島、屋久島、長崎県野母崎、琉球列島~台湾、インド-太平洋の熱帯域(ハワイ諸島を除く)での観察記録がある。

     

和名 : ニセカエルウオ ( スズキ目 / イソギンポ科 / カエルウオ属 )
学名 : Istiblennius edentulus
撮影場所 : 沖縄本島 西海岸側 タイドプール
撮影水深 : -0.2m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM