ネッタイミノカサゴ

LINEはアドレスを知らなくてもスマホ同士を振り合えばつながることが出来、簡単で便利なことから使用している方も多いと思うが、固定電話にもかけられるようになるとは。
ネッタイミノカサゴ
写真は『ネッタイミノカサゴ』。
体長15cm前後の若魚だと思います。
通常は水深-60mまでの珊瑚礁、岩礁域、転石帯、砂地のヤギ類の近くで生息しています。

鰭の棘に毒があることからダイビング中に出会っても触れないように気を付けたい生物ですが、岩陰やオーバーハングの陰でジッとしていることもあるので注意が必要です。

胸鰭条の先端まで鰭膜が伸びないことから、同じミノカサゴ属のキミオコゼと似ているが、鰭膜に青色または黒色の丸い斑紋が多数並ぶことや、尾柄部に2本の白色縦線は無く、褐色横帯があること。また眼上皮弁に横縞模様があり、ヒダがあることなどで区別が出来ると思います。

ネッタイミノカサゴ

ネッタイミノカサゴは、八丈島、小笠原諸島、千葉県館山湾、伊豆半島、四国西部の太平洋沿岸、山口県日本海沿岸、鹿児島県硫黄島・口之島・屋久島、琉球列島;台湾東北部・南部・澎湖諸島、インド-太平洋(紅海を含み、ピトケアン諸島まで;ライン諸島とハワイ諸島を除く)での観察記録がある。

和名 : ネッタイミノカサゴ(スズキ目フサカサゴ科ミノカサゴ属)
学名 : Pterois antennata
撮影日 : 2014年1月13日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -8m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。