ハクセンタマガシラ

朝の空気で夏を感じることができる沖縄本島です。ダイビング後に浴びるためのお湯も水道水に切り替えました。
海水温は表面で24度、下のほうで21度。
干潮に向かっていたからなのか、風向きの影響なのか、サンゴの発するケミカルシグナルかは不明ですが、海中は白濁りでした。
ハクセンタマガシラ
写真は、「ハクセンタマガシラ」です。
サンゴ礁の砂底や砂泥底でよく見かけるイトヨリダイ科の仲間で、沖縄本島のダイビングでは普通種です。
背部に銀白色の縦帯が一本走ることが主だった特徴。

少し水が淀んでいる様な付近で、海底から1m程度離れた場所でホバリングしている様子をよく見かけます。
単独か、またはペアでしか見たことがないので、群れる習性はないのではないかと思います。

ハクセンタマガシラ沖縄本島
ハクセンタマガシラは、琉球列島~台湾南部、フィリピン諸島、タイランド湾、アンダマン海、インドネシア、ソロモン諸島、バヌアツでの観察記録がある。

和名 : ハクセンタマガシラ(スズキ目イトヨリダイ科ヨコシマタマガシラ属)
学名 : Scolopsis ciliata
撮影日 : 2014年4月19日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -17m

沖縄本島 ダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)