ハダカハオコゼ

ハダカハオコゼ
ハダカハオコゼ

2日連続で会社の飲み会だったが、こっちの人独特の内輪ネタ・近所ネタの盛り上がりは県外出身者からすると全くつまらないのよね。
だから沖縄のテレビもラジオも見ないし聞かないのですよ。時間が勿体ないからね。
・・・と、思っているのは社内で自分だけかと思っていたが意外にもたくさん居ることを今日知りました。

写真は標準和名をハダカハオコゼ(裸葉虎魚)といいます。
手のひらサイズで葉っぱのように定位置でユラユラとしていることが多く、一度見つけるとしばらくその界隈に居着いていることが多いのでダイビングショップさんにはありがたいネタとも言えるのではないでしょうか。
脱皮することで「裸」が付き、ハダカハオコゼ(裸葉虎魚)というのが和名の由来のようです。

ハダカハオコゼの全体像はこんな感じ。
ハダカハオコゼ

以前投稿した ハダカハオコゼ もどうぞ。

ハダカハオコゼは、南日本の太平洋岸、伊豆、小笠原諸島、琉球列島、インド・汎太平洋に分布する。

和名 : ハダカハオコゼ
学名 : Taenianotus triacanthus
撮影日 : 2013年6月23日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -5m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)