ハダカハオコゼ

ハダカハオコゼ
ハダカハオコゼ
栃木の生茶葉からも放射性セシウムが検出されたり、大阪市内でも微量ながら検出されたりしているようです。

そんな中、60代から70代の方々が原発の作業に当たれるよう動き出した。
戦後生まれ、裸一貫で高度経済成長を支えてきたこの世代の方々、尊敬するばかりやわ。(政治家は除いて)
僕らの世代にしか出来へんこともあるけど、戦後世代の人らには到底かなわんな。

原発事故作業へ、経験生かして=「リタイア組」130人志願-元技術者が呼び掛け

裸つながりで ハダカハオコゼ
ハダカハオコゼは、上記の尊敬すべきオジサマ達のようにキラキラ輝く目を持っている魚です。
カラーバリエーションが豊富なハダカハオコゼですが、沖縄では薄い黄色Verと鮮やかなピンクVerが多いような気がします。また脱皮をすることでも有名ですね。

和名 : ハダカハオコゼ
学名 : Taenianotus triacanthus
撮影日 : 2010年8月14日

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)