ハナオコゼ

沖縄本島のダイビングで撮影したハナオコゼの水中写真

2014年もあっという間だった。
自然に恵まれた沖縄本島では、海もタイドプールも川も面白く、台風もそこそこ来たが、何よりも家族、友人共々皆健康で幸せな一年であった。
夜は毎年恒例のスーパーガイドさんへ挨拶に行き、今年を終えたいと思います。

沖縄本島のダイビングで撮影したハナオコゼの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナオコゼの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナオコゼの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナオコゼの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナオコゼの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナオコゼの水中写真

写真は、沖縄本島で撮影したハナオコゼ幼魚の水中写真。
水中写真と言ってもハウジングのトップが海水に浸からない様なタイドプールなどの浅い水溜まりで見つけたもの。
成魚は14cmぐらいまで成長するようだが、このハナオコゼの幼魚の体長は1cmには満たない7mm程度。

様々な書籍では、その一生を沿岸から沖合までの流れ藻に付いて生息すると書かれてあることが多いが、幼魚に限って沖縄本島ではタイドプールで稀に見ることがある。八丈島でも同様らしい。

ハナオコゼの外観特徴

吻先に皮弁が2つある。体表は低い円形小瘤で被われる。尾鰭分枝軟条数は7。

ハナオコゼの分布

ハナオコゼは、北海道から九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、八丈島、小笠原諸島、瀬戸内海、屋久島、琉球列島~大連、済州島、台湾、香港、海南島、南沙群島、インド-西太平洋、ハワイ諸島(稀)、西大西洋、東大西洋(稀)での観察記録がある。

和名 : ハナオコゼ(アンコウ目カエルアンコウ科ハナオコゼ属)
学名 : Histrio histrio
撮影日 : 2010年4月17日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -0.1m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)