ハナビラミノウミウシ

【沖縄本島のダイビングで撮影したハナビラミノウミウシの水中写真】

そう言えば、先週金曜日に帰宅した際、上の子が「おあえい~(おかえり)」と迎えてくれ、驚きました。
あれは疲れが吹っ飛ぶね(笑)
言葉には個人差がありますが、ここ最近は一日2語ペースで新しい言葉が出てきます。
会話の出来る日が来るのが楽しみなこの頃。

そして今日は割とすんなり寝てくれたのでブログが書けてます。
アクセスログを見ていると、更新している時と変わらずアクセスして頂いているので、気に掛けて下さっている方が一定数いらっしゃるのかな?
兎に角ありがたいことです。

写真は沖縄本島の東海岸、レッドビーチにて撮影したハナビラミノウミウシの水中写真です。
背面突起が細長いバージョンになりますね。

沖縄本島のダイビングで撮影したハナビラミノウミウシの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナビラミノウミウシの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナビラミノウミウシの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したハナビラミノウミウシの水中写真

ハナビラミノウミウシの外観特徴

・ハナビラミノウミウシの体地色はピンクを帯びた半透明
・体のほぼ全体に細かい白色点が散布される
・但し背面の突起については(写真の様に)細長いパターンの個体、逆に太くて先端が丸い個体が存在する
・背面突起の先端は、黄白色でその下部に輪郭のぼやけた青色輪がある
・青色輪のさらに下部は半透明で、やや大きい白色点が散布される

ハナビラミノウミウシの分布

ハナビラミノウミウシは、インド・西太平洋熱帯域からの報告がある。

和名 : ハナビラミノウミウシ(ヨツスジミノウミウシ科クセニアミノウミウシ属)
学名 : Phyllodesmium poindimiei
撮影日 : 2007年2月3日
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -6m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)