ハードディスクからSSDへ交換

【パソコンのハードディスクが故障 HDDからSSDへ交換】

少し前から不安定だったノートパソコンの内蔵ハードディスクが、ついに立ち上がらなくなってしまった。
データは外部ディスクに保存しているので問題ナシ。

折角なので、これを機会にHDD(ハードディスク)からSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)と呼ばれるものへ換装させることにした。

     

HDDとSSD 仕組みの違いと交換するメリット

HDDは、内部で高速回転しているディスクへ読み書きさせている仕組み。
動作音が大きい・読み書き速度が遅い・消費電力が大きい・発熱するというデメリットがあり、ノートパソコンだと手を置いている部分が低温ヤケドの様になる事もあった。

それに引き換え、SSDはチップにデータを読み書きさせる仕組みなので、音が静か・読み書き速度が早い・消費電力が少ない・発熱は微々たるものという事でメリットは多い。

     

ハードディスクからSSDへ交換

コチラは、取り外した内蔵HDDとこれから取り付けるSSD。
厚み以外のサイズは一緒、ネジ穴も一緒。
ハードディスクからSSDへ交換

     

はめ込んでみたところ違和感全くナシ。
ハードディスクからSSDへ交換

     

Windowsの再インストール

まずはOS WindowsのクリーンインストールでSSDの速さを体感。
これが驚くほど早い。しかも静か。インストール用ディスクの回転音だけが唯一聞こえる程度。
インストールも、あっという間に終了。
ハードディスクからSSDへの換装、やってみる価値は大いにあると感じた出来事だった。

Windowsの再インストール

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM