バンコン

【沖縄本島のダイビングで撮影した ロクセンスズメダイ の水中写真】

今日は2018年の夏至。

天気図を見る限り、梅雨前線が北上して西日本の上へ掛かったまま動かないので、沖縄地方の梅雨は明けたように思える。

近日中に、梅雨明けした模様という発表がありそうだ。

下の水中写真はつい最近撮影したロクセンスズメダイとその産卵場。

沖縄本島のダイビングで撮影した ロクセンスズメダイ の水中写真 (12cm SL)
沖縄本島のダイビングで撮影した ロクセンスズメダイ の水中写真 (12cm SL)

岩の側面に見える赤紫色の箇所は、ロクセンスズメダイの卵の集合体。

ロクセンスズメダイは、南方系の魚なので、沖縄地方のダイビングでは普通に見かけるが、卵を守っている時期だけは不用意に近づくと威嚇だけでなく、噛み付いてきたりするので水中撮影をする際は刺激しないように注意を払っている。

そのうち次々と孵化して、生命のバトンが繋がっていくんだろうな。

     

今、バンコンが熱い

先に書いておくが、バンコンとは「バンコンバージョン」の略。

外装にはあまり手をかけず、車内を中心に改造したキャンピングカーのことだ。通常は、普通車と同じように使うことが可能で、いざとなったらキャンピングカーや災害時の居住区としても使うことができる。

ここ数年で右肩上がりに市場が伸びており、狭い国土の日本国内ではもっとも人気が高いキャンピングカーになってきている。

ベース車両としては、トヨタのハイエースがダントツ人気。

下の写真、すべてハイエース。

一枚目は、若干キャバクラ仕様ではあるが、大人2名、子供2名程度なら面白いと思う。この白い椅子は後ろ向きに回転するので後部席で休んだり、ベッドを展開して睡眠を取ることも可能。

     

以下2枚は、オーソドックスではあるが、ウチのようにちびっ子が3名もいる家庭にはピッタリかも知れない。

     

学生時代は、テントを担いでJRを乗り継ぎ、遠方でキャンプを楽しんでいたが、なんせ蚊に刺されるのと蟻が上がってくるのがどうしても気になってしまい、テントの中で寝るキャンプはあまり好きではないのだが、車の中なら寝泊まりしてもいいと思う。

ただ、そうなるとソーラーシステムを屋根に付けて、エンジンとは別で動くエアコンを装着したりする必要もあるので、我が家は宿に泊まったほうが良いだろうな。

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)