ヒメニセモチノウオ

【沖縄本島のダイビングで撮影したヒメニセモチノウオの水中写真】

今日は「ブリの日」。
ブリは、「さかなへん」に「しわす」の「し」と書いて、「鰤」。
12月に似合う魚だが、年末は「新巻き鮭」や「鯛」もよく売れる。
上野からの実況中継も定番になったな。

     

ヒメニセモチノウオ

写真は、ヒメニセモチノウオ。
オーバーハング下や岩陰など、やや暗がりを好んで生息しているように見える。

稀種というほどではないが、個体数は多くもないと思うが、やはりギリギリ普通種か。

ヒメニセモチノウオ (10cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したヒメニセモチノウオの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したヒメニセモチノウオの水中写真

     

ヒメニセモチノウオ (10cm SL)

沖縄本島のダイビングで撮影したヒメニセモチノウオの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したヒメニセモチノウオの水中写真

     

ヒメニセモチノウオの外観特徴

体色は赤みを帯びており、眼下に目立つ白いラインが1本入る、吻は黄色みを帯びており、体側に目立ったラインや斑紋がないなどで区別している。

     

ヒメニセモチノウオの分布

ヒメニセモチノウオは、伊豆半島以南の太平洋沿岸、八丈島、小笠原諸島、屋久島、琉球諸島;台湾、インド-太平洋(イースター島を除く)からの報告がある。

     

和名 : ヒメニセモチノウオ
学名 : Pseudocheilinus evanidus
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -18m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)