ヒレナガハギ

ヒレナガハギ
10月24日朝の時点で、西海岸は北風で大荒れだが陸上は雨が少し降っている程度。
やはり台風の西側に位置するということで、今回もそれほど台風の影響を受けていない沖縄本島です。

写真は、ヒレナガハギ(写真上は成魚・写真下は幼魚)。
岩礁域・サンゴ礁域の礁斜面や礁池などの浅所に生息するニザダイ科の魚です。

成魚は地味ですが、幼魚は色合いや扁平した形が面白いので、見かけたら撮影してみると良いかも知れませんね。
群れは作らず単独で行動しており、背鰭と臀鰭が大きく、体側に茶ないし黒と、白ないし黄色の横帯が多数あることがヒレナガハギの特徴。
また背鰭は4棘28~32軟条、体側後半部に絨毛域がないことで区別可能です。

ヒレナガハギ幼魚
ヒレナガハギの幼魚

ヒレナガハギは、八丈島、小笠原諸島、硫黄島、神奈川県三浦半島、静岡県大瀬崎、和歌山県串本、高知県柏島、男女群島、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島;台湾、香港、海南島、東沙群島、西沙群島、南沙群島、西-中太平洋(マルケサス諸島を除く)、オーストラリア西岸、レユニオン島、スリランカでの観察記録がある。

和名 : ヒレナガハギ(スズキ目ニザダイ科ヒレナガハギ属)
学名 : Zebrasoma veliferum
撮影日 : 2008年11月24日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -6m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)