ピグミーシードラゴンのハッチアウト

【沖縄本島のダイビングで撮影したピグミーシードラゴンの水中写真】

     

ピグミーシードラゴン

下記の水中写真は ピグミーシードラゴン(Kyonemichthys rumengani)のハッチアウトシーン。

お腹から下に向かって垂れているように見えるのがハッチアウト中の幼魚。

この時は深場に行った帰りに偶然見つけて撮影したものなので、体内残留窒素とタンク残圧がこの場に長く居る事を許してくれなかったが、いつかまた会いたいシーンの一つ。

     
ピグミーシードラゴン (3cm TL)のハッチアウト(推定1cm  TL)
ピグミーシードラゴン (3cm TL)のハッチアウト(推定1cm TL)
     

先日のピグミーシードラゴンでも書いたが、成魚になってもせいぜい30mmまでしか体長が伸びない魚なのに、さらにハッチアウトを行っているシーンは珍しい。

よって、この生態写真そのものは相当レアだと思っている。

実際に見たことがあるダイバーや研究者も世界レベルで数少ないのではないだろうか。

もう一回撮れと言われても難しい、2007年に新種登録されたばかりのKyonemichthys rumengani(キオネミクティス・ルメンガニィ)。

成魚でも体長30mm程度で糸クズのような小ささ細さなのに、さらに小さく細い幼魚をハッチアウトしているのだから、肉眼で見ている時はとんでもない細さ。

クローズアップしてよく見てみると、ハッチアウト中の幼魚にも背鰭と尾鰭を確認することが出来る。

糸くず・イン・糸くず みたいな。

     
ピグミーシードラゴン (3cm TL)のハッチアウト(推定1cm  TL)
ピグミーシードラゴン (3cm TL)のハッチアウト(推定1cm TL)
     

和名 : -(トゲウオ目ヨウジウオ科)
学名 : Kyonemichthys rumengani
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -24m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)