フジナミウミウシ

【沖縄本島のダイビングで撮影したフジナミウミウシの水中写真】

昨日投稿したと思っていたら、下書きのまま終えていたようです。
以前は上の子を抱っこ紐で寝かせたあとに書いていたので随分と楽だった(足腰にはズッシリ来ますけどね)んですが、現在は下の子で抱っこ紐を使うようになったので、上の子の寝かし付けは一緒にベッドで寝るしかなくなったんですよね。
そして、寝かし付けているはずが、寝かし付けられている事も・・・(笑)

そしてトロピカルストームが東経域に入ってきたため、台風12号(ハロラ)となりましたね。
今後、西寄りに進む予報なので注意が必要です。

沖縄本島のダイビングで撮影したフジナミウミウシの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したフジナミウミウシの水中写真

写真は、沖縄本島の東海岸”レッドビーチ”にて撮影した、フジナミウミウシの水中写真です。
ちなみに、”沖縄のウミウシ”などの書籍には、”フジナミウミウシ”と書いているのですが、インターネット上では、”フジナミイロウミウシ”と記載しているところが多く散見されますが、標準和名が変更されたのでしょうか。
情報をお持ちの方がいらっしゃれば教えて下さいませ。

水中でのパッと見は、”ウチナミシラヒメウミウシ”と似ていて紛らわしいのですが、細部に渡って異なっているので、この系統を見かけた場合は一旦立ち止まって見る価値はあると思います。
色合いも非常に綺麗ですよね。

フジナミウミウシの外観特徴

・背面中央部は白色または蛋白色で、赤紫色の色帯で縁取られている(赤紫色の色帯を欠く個体もいる)
・その外側の背面周縁は橙色
・触角と鰓は黒紫色

フジナミウミウシの分布

インド・西太平洋熱帯域からの報告がある。

和名 : フジナミウミウシ(イロウミウシ科コモンウミウシ属)
学名 : Chromodoris fidelis
撮影日 : 2007年10月27日
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)