フタスジハゼの幼魚

フタスジハゼの幼魚
フタスジハゼの幼魚
ここ数日、韓流ドラマの見過ぎでやたらと言葉の語尾が気になるニダ

写真はフタスジハゼの幼魚。
体色や尾鰭が白っぽいこと、両背鰭から体側にかけて太い黒褐色帯があること、眼から後下方へ走る黒い斜線が中断しない、体側の帯間の黒斑が小さいなどの特徴が合致するのでフタスジハゼの幼魚に同定できると思います。

決定版日本のハゼには生息水深として3~10mとありますが、-20cm程度のタイドプールで見たこともあるフタスジハゼ。
オキナワハゼ属らしく、各鰭を動かしながらヒョコヒョコと移動する様が何とも言えないハゼです。

幼魚なので体長は7mmあるかないか。
生息環境に同化しているので、動くか眼を懲らさないと見失いそうになります。

以前投稿した フタスジハゼの成魚 もどうぞ。

フタスジハゼの幼魚

フタスジハゼは、小笠原諸島、高知県柏島、琉球列島、インド・太平洋に分布。
和名 : フタスジハゼ
学名 : Callogobius sclateri
撮影日 : 2012年5月26日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -10m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)