ブレーキホールドシステム常時ON

昭和33年の今日、メリーチョコレートカムパニーが東京の百貨店で日本初のバレンタインセールを行った日。
それから50年以上経った今でも、国内外において競合が多い業界でまだまだ色んなスイーツを打ち出している。
素晴らしい企業だと思う。

ハーネスでブレーキホールドシステム常時ON

30系新型アルファード/ヴェルファイアやレクサスの車には、ブレーキホールドという機能があると書いた事がある。
このHOLDボタンを押してONにしておくだけで、信号待ちのたびにアクセルやブレーキペダルから足を離しておけるという便利な機能。
レクサスやアルヴェルのオーナーから絶賛されている評価の高い機能の一つとなっている。

しかし、このHOLDボタンはエンジンを切るたびにOFFとなるため、乗車するたびにドライバーが意図してONにしなければならない。
写真の白い矢印で指し示したボタンがそれなのだが、これを毎回押すのが煩わしいと思うドライバーも多いようだ。

ブレーキホールドシステム

これを簡単なハーネスで常時ONにできるパーツが作られ売られている。
※ 記事の後半にリンクを付けているので興味のある方はそちらからどうぞ。

アルファード用とヴェルファイア用に分かれているが、フロントマスクと背面のデザインが違うだけで同じ車なのでどちらを購入しても問題はない。

商品はガソリン車用とハイブリッド車用に分かれており、さらにガソリン車についてはアイドリングストップ機能の有無によって異なるのでそこだけ注意すればいいだろう。

因みに私の場合は、インテリジェントパーキングアシストⅡをオプションで付けているので、常時ONだと逆に煩わしくなってしまい、このハーネスは付けていない。
車庫入れの切り返しでストップするたびにHOLDがかかるのは面倒だからというのが理由。
過去記事も併せてどうぞ

アルファード・ヴェルファイアのブレーキ

インテリジェントパーキングアシスト2

 

 

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM