ヘラルドコガネヤッコ

いよいよ二十日正月。
お正月から残っていたお料理やお餅などを食べ尽くし、しめ飾りなどの飾り物も片付けて、お正月の祝い納めをしましょうという日。
ヘラルドコガネヤッコ
『ヘラルドコガネヤッコ』
-10m以浅のサンゴ礁域や岩礁域に生息しており、沖縄本島のダイビングでは普通に見られるキンチャクダイの仲間です。

ヘラルドコガネヤッコは、体色がほぼ一様に黄色であること、眼の後半部の周囲は暗色であること、背鰭棘数は通常15であることで区別が可能。
雄の臀鰭、背鰭には橙色および暗色の縦帯があることが知られています。

コチラはヘラルドコガネヤッコの幼魚。
モンツキハギの幼魚などと一緒に転石やサンゴの下でチョロチョロ出入りしている様子を見かけます。
ヘラルドコガネヤッコ幼魚

ヘラルドコガネヤッコは、伊豆諸島、小笠原諸島、和歌山県串本、高知県柏島、屋久島、トカラ列島口之島、琉球列島;台湾南部、東沙群島、西沙群島、南沙群島、ニューギニア島東部、オーストラリア北東岸、中央太平洋(ハワイ諸島を除く)での観察記録がある。

和名 : ヘラルドコガネヤッコ(スズキ目キンチャクダイ科アブラヤッコ属)
学名 : Centropyge heraldi
撮影日 : (写真上)2013年6月23日 (写真下)2013年7月15日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -8m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。