ホシエビス

ホシエビス
ホシエビス

遠く離れた台風12号ですが沖縄本島周辺でもうねりを伴って波の高さ7m。陸は1分に1度程度の突風が吹いていますが雨が降っていないので、今回も風台風になりそうです。
家や車に小さな海水が付着しているので、いずれにしても洗ったほうが良さそう。

写真はホシエビス。
水深の浅い場所で、それほど奥まっていない穴の奧で佇んでおり、時々外に出てくる瞬間だけがシャッターチャンスという極めて観察しにくく、撮影しにくいイットウダイの仲間です。
最新の書籍でも沖縄島だけは観察記録地として載っていないので珍しいのかも知れない。
ホシエビスは、側線有孔鱗数が42~45。胸鰭は15軟条。前鰓蓋骨隅角部の棘長は眼径の二分の一であることで他種と区別できる。

ホシエビス
ホシエビス

ホシエビス
ホシエビス

ホシエビスは、小笠原諸島、南鳥島、種子島、屋久島、伊江島、宮古島、西表島、台湾南部、南沙群島、インド~太平洋で観察記録がある。

和名 : ホシエビス(キンメダイ目イットウダイ科イットウダイ属)
学名 : Sargocentron punctatissimum
撮影日 : 2013年6月2日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -4m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)