ホシゾラウミウシ

沖縄本島レッドビーチのダイビングで撮影したホシゾラウミウシの水中写真

沖縄本島は最低でも気温が21度以上あるが、そろそろ最低気温で20度を下回りそうな気配になってきた。周辺の海水温度も下がって来ているようなのでそろそろ冬のダイビングシーズン到来か。
通勤スタイルも半袖アロハシャツは今週一杯で終え、来週から長袖に衣替えかな。

写真は、ホシゾラウミウシ。
ヘッダーのバナーを編集する際、当ブログ内でホシゾラウミウシを検索すると過去に一度も投稿していないことに気づいたため。
沖縄本島ご当地では割とよく出会うイロウミウシの仲間だ。写真の個体は共に50mm程度。書籍によると名前は分からないが薄紫色のカイメンを食べて生活しているらしい。

沖縄本島レッドビーチのダイビングで撮影したホシゾラウミウシの水中写真
ホシゾラウミウシの触覚のアップ

沖縄本島レッドビーチのダイビングで撮影したホシゾラウミウシの水中写真
ホシゾラウミウシの全身

ホシゾラウミウシの外観特徴

体地色は暗青色で体表には黄色斑と黒色斑が散見される。また触覚は赤色。鰓は白いが赤色で縁取られている。

和名 : ホシゾラウミウシ
学名 : Hypselodoris infucata(ヒュプセロドーリス インフカータ)
撮影日 : 2009年3月7日(写真上) 2008年12月30日(写真下)
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -7m

そう言えば、ウミウシ柄がプリントされたスマホのカバーが売られていた。
iPhone用ウミウシカバー

こちらはGALAXY用ウミウシカバー。カメラレンズの出る位置がiPhone用とは異なっているようだ。

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)