ミスジチョウチョウウオのペア

ロシアのメチニコフ博士がアンバサダーとして世界中にヨーグルトを広めた事から、彼の誕生日を記念して今日はヨーグルトの日だそうです。ちょっと商売気を感じる気がしますが…
今週の初めからしばらく沖縄本島を脱出していましたが今日戻ってきました。
やはりある程度北に行ったほうが魚は美味しい。
ミスジチョウチョウウオのペア
ミスジチョウチョウウオのペア

以前、ミスジチョウチョウウオで書いた下記のことをダイビング中に思い出し、しばらく追いかけていた時に撮影したものです。
・ミスジチョウチョウウオは50畳程度のなわばりの中でペアリングして生活
・なわばりに入ってきた他のミスジチョウチョウウオに対してはテイルアップディスプレイで威嚇を行う
・摂食に夢中になってはぐれてしまったペアを認識する際に側面を見せるディスプレイ行動

ミスジチョウチョウウオは、八丈島、小笠原諸島、沖ノ鳥島、千葉県外房(幼魚)、神奈川県三浦半島、和歌山県串本、高知県柏島、鹿児島県甑島(幼魚)、笠沙、屋久島、琉球列島;台湾、東沙群島、西沙群島、南沙群島、東インド-太平洋(大スンダ列島西岸・オーストラリア北西岸~ピトケアン諸島)での観察記録がある。
学名、和名ともに『三筋』

和名 : ミスジチョウチョウウオ(スズキ目チョウチョウウウオ科チョウチョウウオ属)
学名 : Chaetodon lunulatus
撮影日 : 2014年5月10日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -4m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)