ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイ
ミツボシクロスズメダイ
沖縄本島はしばらく南風が続きそうですね。
やや強めではありますが、西海岸でのビーチダイビングにはまったく問題ナシ。^^

写真はミツボシクロスズメダイ。
写真(上)が幼魚で、(下)が成魚の寝ている姿。
ナイトダイビングで観察すると、ゆっくり大きく動くイソギンチャクがまるで天然の布団のように見えるため、気持ちよさそうに寝ているのかな?と想像してしまいます。

ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイは、浅所に多いスズメダイの普通種。
卵を守っている時はグーグーと威嚇音を出すことが知られていますが、真栄田岬や砂辺海岸の水中でもダイビング中に聞こえてくることが多々ありますよね。
ミツボシクロスズメダイは、南日本の太平洋岸、琉球列島、朝鮮半島、インド・太平洋に分布する。
和名 : ミツボシクロスズメダイ
学名 : Dascyllus trimaculatus
撮影日 : (写真上)2010年8月14日  (写真下)2011年6月14日

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)