メガネゴンベ

メガネゴンベ
沖縄本島は、台風去ってまた台風、といった様相の日曜日。
夜になってから台風第24号 (ダナス)の影響による強い風が時折吹き始めています。

写真はメガネゴンベ。
岩礁域やサンゴ礁域の浅所でハナヤサイサンゴなどの上にちょこんと乗っかるような感じで容易に見かけることができるのでダイバーに人気のある魚です。
眼の後方にメガネ状の縁取り斑紋があることから由来して、メガネゴンベと名付けられたそうです。

下方に関連記事が表示されているように、ゴンベ科の仲間です。

メガネゴンベ
メガネゴンベ

メガネゴンベ
メガネゴンベの幼魚

メガネゴンベは、三宅島、八丈島、小笠原諸島、和歌山県田辺湾、屋久島、奄美大島以南の琉球列島、南大東島;台湾、南沙群島、西沙群島、インド-太平洋(ハワイ諸島を含む)での観察記録がある。

和名 : メガネゴンベ(スズキ目ゴンベ科ホシゴンベ属)
学名 : Paracirrhites arcatus
撮影日 : (写真上)2008年5月10日 (写真中)2007年11月17日 (写真下)2008年4月29日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)