メガネスズメダイ

【沖縄本島のダイビングで撮影したメガネスズメダイの水中写真】

NHKの『堂々日本史』という歴史番組で、伊達政宗役(NHK仙台企画))としてお仕事をさせて頂いた事がある。NHK大阪の地下スタジオを2つ使い、元NHKアナウンサーの住吉美紀さんナレーションだった。
隣接するスタジオでは朝ドラの撮影が行われており、食堂へ行けば有名人だらけ。

そんな空気の中で本番開始。
私と住吉さんでNGを交互に出し続け、ついには撮影が夜中まで押したことがあった。
因みにこの時に塗ったドーランは4日以上落ちなかった。

事前に京都太秦にてカツラ合わせを行ったり、裃(かみしも)や白装束を着たり、甲冑を装着したり、、、
撮影そのものは体力的にハードだったが、今となっては良い思い出の一つ。

NHKのクローズアップ現代で年々減少する時代劇に関する番組を見てふと思い出した。

     

メガネスズメダイ

写真はメガネスズメダイの成魚。

沖縄本島沿岸域では、水深-12mより浅いソフトコーラル付近やサンゴ礁域・岩礁域で普通に見かけるスズメダイだ。幼魚の方がカラフルで目立つが、今日はあえてメガネスズメダイの成魚。

よく似た和名でクロメガネスズメダイもいる。

沖縄本島のダイビングで撮影したメガネスズメダイの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したメガネスズメダイの水中写真
     

メガネスズメダイの外観特徴

メガネスズメダイの外観は尾柄部が白帯になっていること、背鰭の眼状斑の半分は明るい青い線で囲まれていることが特徴。

     

メガネスズメダイの分布

メガネスズメダイは、南日本の太平洋岸、八丈島、琉球列島、東部インド洋~西部太平洋の熱帯域に分布。

     

和名 : メガネスズメダイ
学名 : Pomacentrus bankanensis
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)