ヤセアマダイ

【沖縄本島のダイビングで撮影したヤセアマダイの水中写真】

タイヤの空気が減ると普段はすぐに調節するのだが、今回は少量だったので2週間ほど経過してからガソリン給油のついでに正常な空気圧へと戻した。
それは良かったのだが、車載コンピューターが空気圧の低い状態を学習したようで、ここ2日ほどはエンジン回転数を上げようとする動きが見られた。
今日からようやく元の状態に戻ってくれたが、車載コンピュータなど普段は気にも止めていない多くのパーツも実は静かに裏方をしてくれてるんだなと感謝。

     

ヤセアマダイ

写真は、ヤセアマダイ。
体長は30cmほどのキツネアマダイの仲間。

サンゴ礁域~岩礁域の砂礫底や砂地(つまり大体どこでも)に生息しているキツネアマダイ科の仲間で、割と大きな魚なので誰でも目に入るだろうと思います。

沖縄本島のダイビングで撮影したヤセアマダイの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したヤセアマダイの水中写真
     

ヤセアマダイの外観特徴

ヤセアマダイは、上顎の後端が眼の前縁を越える事、体側に黒色縦帯がない事、臀鰭軟条数が46~53であることが特徴。

     

ヤセアマダイの分布

ヤセアマダイは、伊豆半島東岸(ygのみ)、駿河湾、三重県二木島(ygのみ)、和歌山県白浜、串本(ygのみ)、高知県柏島、屋久島、琉球列島、小笠原諸島;インド-汎太平洋からの報告がある。

     

和名 : ヤセアマダイ(スズキ目キツネアマダイ科キツネアマダイ属)
学名 : Malacanthus brevirostris
撮影日 : 2009年5月6日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)