ヤノダテハゼ

ヤノダテハゼ
ヤノダテハゼ
つい最近、妙に怖い夜があったのでテレビを点けっぱなしにしようと映画チャンネルにしたら、「エクソシスト2」が。
速攻でチャンネルを切り替えると、「デストラップ」という同じく怖そうな映画が。
地デジに切り替えると、お笑い番組だったので、これで寝れるとウトウトしていたらCMへ。

「リング・・・ 貞子が3Dで目の前に!」

怖いっちゅうねん!

写真はヤノダテハゼ。
この背筋。自分も背筋を鍛えたくなるぐらいピンとしています。

真栄田岬(沖縄本島の恩納村)の通称ハゼ場(水深-35m以深)では通年見られるハゼ。
遠目に見るとホバリングしている様子が見えるのに、撮影しようとストロボの届く範囲まで近づくと、着底して尾鰭を巣穴に入れてしまうのでなかなか真横から全身を撮りづらい種ではあると思う。水深もそこそこあるし。
尾鰭が見えなかったらただのダテハゼだからね(笑)
ヤノダテハゼ最大の特徴は尾鰭。炎の形をした黄褐色斑はいつ見ても綺麗です。

ヤノダテハゼ

ヤノダテハゼは、南日本の太平洋岸、伊豆諸島、琉球列島、西部太平洋に分布。
和名 : ヤノダテハゼ
学名 : Amblyeleotris yanoi
撮影日 : 2012年5月13日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -36m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


Visits: 19
The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)