ヤマブキスズメダイ

ヤマブキスズメダイ
久しぶりに海況が良い週末を迎えました。
ホンマに久しぶり・・・

写真はヤマブキスズメダイ。
水深-12m~-45mのサンゴ礁外縁部の崖や付近の岩礁に生息するとされるスズメダイの仲間です。

図鑑にも記されている通り他のスズメダイほど個体数は多くはないが、ドロップオフ壁面のヤギ類付近では必ずといっていいほど見かけるので稀種というほどでもない立ち位置。

ヤマブキスズメダイは、涙骨と眼下骨はほとんど鱗に覆われないこと。体高は高く体長は体高の1.5倍以下であることなどが挙げられる。

ヤマブキスズメダイは、和歌山県串本、屋久島、琉球列島~台湾南部、南沙群島、東インド~西太平洋(アンダマン海とクリスマス島以東)、マーシャル諸島での観察記録がある。

和名 : ヤマブキスズメダイ(スズキ目スズメダイ科クラカオスズメダイ属)
学名 : Amblyglyphidodon aureus
撮影日 : 2012年1月14日

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)