ヤライイシモチ

沖縄本島は、もしかしたら梅雨入りしたかも知れません。
ヤライイシモチ口内保育斜め前
写真は「ヤライイシモチ」。
沖縄本島のダイビングでは通年観察することができるテンジクダイ科の仲間で、体側に5本の明確な黒縦帯が走ることと、黄色い尾柄部に眼径より小さい黒色斑があることが主たる特徴になります。

普段はまったく見ることもありませんが、沖縄本島でダイビングを行っていると、毎年4月中旬頃より口内保育を行っている様子が観察出来ます。
2014年も先週末より少しずつ確認できるようになりました。

ヤライイシモチ全身

普段は撮ることもないけれど、口内保育をしている時のテンジクダイ達の横顔が好きです。
なかなか共感を得ることはないと思うけど…

ヤライイシモチ口内保育真横

もっと長く観察していると、口内の海水を入れ替えるためにパクパクさせるので、その瞬間を撮影するのもこれからの時期の楽しみですね。
口からタマゴが溢れかえるような写真は、かなりフォトジェニックです。

ヤライイシモチは、伊豆諸島、小笠原諸島、静岡県大瀬崎、和歌山県白浜・串本、高知県高知、愛媛県愛南・宇和海、屋久島、琉球列島;台湾東北部・南部、西沙群島、インド-太平洋(紅海を含む;ペルシャ湾とハワイ諸島、イースター島を除く)での観察記録がある。

和名 : ヤライイシモチ(スズキ目テンジクダイ科ヤライイシモチ属)
学名 : Cheilodipterus quinquelineatus
撮影日 : 2014年4月20日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m

沖縄本島 ダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)