ヨゴレダルマハゼ

年賀状の受付が始まると、師走も折り返し地点に差し掛かったんだなと感じさせられる月曜日。
我が家は投函完了です。
ヨゴレダルマハゼ
<ヨゴレダルマハゼ>
パンダダルマハゼや、カサイダルマハゼと同じ環境(サンゴ礁域の礁外縁や礁斜面に生息するハナヤサイサンゴ属の枝間)で観察できる小型のハゼです。

ダルマハゼに似ているが、頭部のひげ状突起が短いことや、体の前半部と後半部の明暗が不明瞭な部分で区別が出来る。
また、臀鰭は通常1棘9軟条。

元々、石垣島から得られダルマハゼと報告されていたた標本が、その後同定されヨゴレダルマハゼという和名が付された経緯があるので、似ていても仕方ないのかも知れませんね。

写真(上)と写真(下)は、同じ個体だが光の当たり具合で違って見えるだけ。
それにしてもヨゴレという和名は少し可愛そうな気がする…

ヨゴレダルマハゼ

ヨゴレダルマハゼは、小笠原諸島、屋久島、琉球列島;海南島、西沙群島、西-中央太平洋(ハワイ諸島を除く)、オーストラリア北西岸、カバラチ島(インド)、チャゴス諸島、モルジブ諸島での観察記録がある。

和名 : ヨゴレダルマハゼ(スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ダルマハゼ属)
学名 : Paragobiodon modestus
撮影日 : 2008年7月6日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -4m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)