ヨロンスズメダイ

沖縄本島のダイビングで撮影した「ヨロンスズメダイ」の水中写真

金曜日に発生した熱帯低気圧が台風になりましたね。沖縄本島には上陸しないようですが、とりあえず明日は北風かな。
ヨロンスズメダイ
ヨロンスズメダイ
写真はヨロンスズメダイの幼魚。
体長はまだ小さく、500円玉サイズといったところ。

スズメダイ科クロソラスズメダイ属魚類は、全世界の熱帯から温帯域の浅海に広く分布しており40種が有効種として報告されていますが、以前アイランドグレゴリーと呼んでいたクロソラスズメダイ属の1種にも新標準和名が2012年11月に提唱されています。

新標準和名の由来は、同種が与論島周辺海域でごく普通種であることや、同所で再生産していると考えられることからヨロンスズメダイという和名が提唱されています。

今回撮影した個体はとても小さくて撮影は困難ですが、縄張りとするエリアを中心にイシガキスズメダイ と似たような動きをするので、スズメダイにありがちなある程度の動くルートを把握すればまだ撮影しやすいかも知れない。

ヨロンスズメダイの外観は、背鰭前部、第1棘から第5棘間の上部約2/3を覆う黒色斑がある。この黒色斑の前縁から上縁にかけて不明瞭な青白色の縁取りがあること。臀鰭先端に明瞭な黒色帯があること。虹彩は黄色であることなど。

和名 : ヨロンスズメダイ(幼魚)
学名 : Stegastes insularis
撮影日 : 2013年6月9日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -6m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)