リュウキュウフクロウニ

沖縄本島のダイビングで撮影したリュウキュウフクロウニの水中写真

今日は書き初めの日。
日本には素晴らしい文化がまだまだたくさんありますね。

沖縄本島のダイビングで撮影したリュウキュウフクロウニの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したリュウキュウフクロウニの水中写真

リュウキュウフクロウニは、殻が皮袋状で柔らかく、直径は10cm程度。
橙色と淡黄色、そして紫色の配色が美しいウニの仲間。

美しいが棘に毒を持っており、私も海中で誤って刺された事があり、30分近く鈍痛に苦しめられた経験があります。

海底に落ちている岩や小石の裏に潜んでいることが多いので、気を付けたほうが良さそうだ。

和名 : リュウキュウフクロウニ
学名 : Asthenosoma sp
撮影日 : 2010年3月20日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -15m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM