リュウモンイロウミウシ

ベビちゃんの寝かしつけをしながら自分も落ちてしまうことが時々あり、その翌朝には必然的に早起きしてしまうのだが、今朝はいつも以上に早起きをしてしまい、東の空を見るとこれから朝焼けが始まりそうな空に、弓の様に細い月が浮かぶ様子が神々しく見えました。
そう言えば昨日、本業(私はダイビングショップではありません)の方で、東京の某ビジネス系のメディアに掲載されました。まさか2ページを丸々使って紹介されるとは思わなかったので届いた書籍を見てビックリというか恥ずかしいというか…
どこかのビジネスマンの参考になるといいなと思います。
リュウモンイロウミウシ
写真は『リュウモンイロウミウシ』。
沖縄本島のレッドビーチというダイビング ポイントで撮影したものです。

リュウモンイロウミウシは、地色が白色で背面に流れるような縦線が入ることや、背面の周縁が青色で縁取られ、さらにその内側が淡い黄色であることから区別が出来るかと思います。

和名の由来となった背面の流線は相当な個体差があるようで、ネットで画像検索をしてみると途切れたりしている個体も多いようですので、ブログを開いている方は、見つけたら撮影するようにして随時追加して並べてみるのも面白いかも知れませんね。

リュウモンイロウミウシ斜め上からのカット
リュウモンイロウミウシ

リュウモンイロウミウシ真横下からのカット
リュウモンイロウミウシ

和名 : リュウモンイロウミウシ
学名 : Hypselodoris maritima
撮影日 : 2008年2月23日
撮影場所 : 沖縄本島東海岸
撮影水深 : -10m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)