八重山日報の躍進

フィリピンの東海上にある熱帯低気圧が発達して台風になるが、フィリピンと台湾の間を抜けて行く中期予報。

長期予報では、その後に別の熱帯低気圧がフィリピンと台湾の間にできるようだが、行き先は不明。
今年ぐらいは、沖縄本島に一度も台風が上陸しない年であって欲しい。

     

1) 教育の変化

都会から地方への移住者、特に子供を持つ親には、その地域に永住するかどうかということを考える時期がある。

その中でも、沖縄地方は地元メディアと学校教育が反日カラーであることに一抹の不安を感じていた。

、、、が、

最近は本当の意味で安心して平和に暮らせる場所へと変化してきている気がしている。

左翼と反日メディアがこれまでせき止めていた、本来の正常進化がようやく始まったように思える。

ちなみに愛国教科書と表現されているが、北海道から九州まで普通に使われている教科書を指している。

愛国教科書使用へ 那覇地区5市町村教育委員会容認
愛国教科書使用へ 那覇地区5市町村教育委員会容認
     

2) メディアの変化

第三の地元紙と呼ばれる、八重山日報が部数を伸ばし始めている。

最近あったらしい県民大会?の参加者発表の嘘を暴いたり、オスプレイの事故率のトリックを正論で論破している。

4万5千人誇大発表 会場の収容人数は2千人程度
4万5千人誇大発表 会場の収容人数は2千人程度
     

記事の通り、ただの政治集会だったらしい。というか、同じ那覇市内に住んでいる人ですら、開催されていたことを知らない人が多い。

県民大会 名ばかりの政治集会
県民大会 名ばかりの政治集会
     

沖縄の気候、海や空などの自然は大好きなので、これからどんどん良い形になっていくことを願いたい。

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)