台湾(台北)

【台湾(台北市内)で撮影した陸上写真】

そう言えば、先週4日間ほど台湾に行っていました。この1年で3度目です。
今回は桃園空港を除き、台北市内に限定。
ご当地はハワイと同様に日本語も多く見かけるし、日本人も多いので、あまり海外に行った感はありません。時差も1時間しかありませんので、海外旅行初心者でも簡単に動ける国としてオススメです。
ちなみに那覇空港→桃園空港は1時間20分程度、帰りは偏西風に乗るので1時間を下回るぐらいで那覇空港に到着します。その1時間の間に慌ただしく出る機内食は要らない様な気もするぐらい。

台湾といえば小籠包

台湾といえば小籠包

台湾と言えば”小籠包”でしょう。
これを食べずして帰る事は出来ないというぐらい代表的なグルメです。
これは12名で入った時にオーダーした小籠包。ノーマル、烏龍茶、エビの3種類を楽しみました。

台湾ビール

定番 台湾ビール

もう一つの定番といえば、台湾ビール。
今年の2月にUPした台北でも紹介した通り、ご当地ではよく飲まれているビールです。
苦くてガツンとくるビール党としては、軽くて薄くて物足りないのですが、充分に美味しいビールです。

海産物

マテ貝

ご当地では色々なものを食べましたが、写真はマテ貝。
マテ貝をニンニクと中国醤油で蒸した料理ですが、なかなか美味しかったです。
地元の関西地方で潮干狩りに行くと、マテ貝も普通に獲れますが、沖縄に来てからは食べた事がなかったので久しぶり感と独特の味付けが美味。

高級料理

高級料理

グロテスクっぽいモノばかり食べていると思われてもアレなんで、ちゃんとした料理も食べてきましたよという証拠も。

台北駅の駅弁

台北駅の駅弁

今回は台北駅の近くでの仕事だったのですが、着いた日からよく見かけていた駅弁。
ベンチに座っている人の多くが食べていたので気になり、帰る直前に買ってみました。価格は60元。
有名な駅弁らしいので、機会があれば是非食べてみると良いかもしれませんね。

入り浸ったお店

持ち込みOKの入り浸ったお店

今回泊まったホテルの近くにあったので、皆で入り浸ったお店です。
わざと斜め前から撮影しているのですが、氷を敷き詰めたパレットに海産物が並べられ、食べたいなら店の入口でオーダーすると調理して持ってきてくれます。
店の横にある細い路地が食器の洗い場。緑色のシャツの方は調理をしています。
閉店が近づくと店の前の地べたに置いて水道のホースで洗っていたので、衛生的には・・・ですが(^_^;)

ちなみに飲料持ち込みOKだったので、2日目からは自分たちで買ったお酒を持ち込んで、料理も頼まずに割り材としてコーラだけ頼んでいました。
出る時に余りにも安くて申し訳なかったので、翌日から出禁にならないために少し余分目に支払いました。

古くて懐かしい雰囲気の台湾料理店

台湾料理店

本当はこういうお店に入りたかったのですが、仕事で行っているので、ある程度の人数が入れるお店しか行けませんでした。
プライベートで行った時にでも入ろう。

台北駅広場

台北駅広場

台湾のもっとも中心になる台北駅。
おみやげ屋さんが多いのですが、間違って日本の商品を買いそうになるぐらい日本の企業も多いので、ある意味注意が必要です。
地べたに普通に寝転がっているところが日本と違いますね。

台湾のトイレ事情

台湾のトイレ事情

海外に行くと日本人の多くが必ず直面するトイレ事情。
台湾の公衆トイレも例に漏れず、中心駅のトイレだというのに、トイレットペーパーは個室内に設置されておらず、自分で用意するか、またはトイレに入る前に設置されている、硬そうな紙を自分でちぎって持って入らねばなりません。
また、そういうトイレは紙を流す事が禁止されていて、便器横にあるゴミ箱へ捨てなければならなかったりします。

お腹を壊した時はご注意を(笑)

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)