柴又帝釈天

寅さん像
写真は柴又駅を下車した駅前広場にある 「寅さん像」

心温まるあの映画で有名ですよね。寅さんファンとして、ずっと行きたかった場所の一つ。とは言っても、東京に行った時は最初から行こうと思っていた訳ではなく、まさに寅さんが言う通り

「旅というものはな、行き先を決めてから出かける。というもんじゃねぇんだよ」

という感じでたまたま思い立って行った場所です。

柴又帝釈天へは、京成金町線の柴又駅で下車してすぐに小さな商店街が始まり、しばらく歩けば 「男はつらいよ」 で有名な 「とらや」 やその他の草団子や佃煮を取り扱ったお店、川魚の高級料理屋が数件出てくるので分かりやすいです。

まずは何より 「とらや」。
実際に草団子の販売を行っていますが、シリーズ「男はつらいよ」の第一作~第四作まで実際の撮影に使われたお店だそうです。
写真を撮り忘れましたが、持ち帰りで購入すると、箱の中に草団子が並べられており、その上に仕切り紙を挟んで小豆あんが敷き詰められていました。
とらや

コチラが柴又帝釈天。商店街の一番奥に位置しています。
境内はとても面積が小さく、一瞬で一回りできるほど。境内のどこかから「男はつらいよ」の主題歌の出だしがエンドレスで流れていました。

厳密に仏教で言うところでは違うそうですが、国内では通称として柴又帝釈天として通じている。という扱いになるようです。
柴又帝釈天

こちらの鐘つき堂も見たかった場所。いい雰囲気です。
鐘つき堂

一般道に一度戻り、さらに10分ほど歩いていくと、「矢切の渡し」 のある土手に出ました。
気分は寅さんなんですが、若干欽八先生が出てきたのは否めません (^^ゞ
矢切の渡

最後に柴又駅前に設置されている山田洋次監督の記念碑。
超有名な言葉ですよね。
山田洋次記念碑

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)