沖縄本島ウシオニハゼ

新しく契約したレンタルサーバの会社は今のところ対応が良く安心。
サイトを運営している方にはお馴染みの”.htaccess”という扱いにくいファイルがあるのですが、サーバー側の設定に変更処理を加えていただくことで無事に作業が終了した。サーバーの設定を変更してくれるって相当親切ではないかと思う。
cmsもさくさく動くし、画像容量は無制限だし、早く乗り換えておけば良かった。
ウシオニハゼ
写真は、ウシオニハゼ。
いるところにはたくさんいるのですが、何せシルトの中でも最上級にモワモワっとした環境に巣穴を作っているので、クリアな水中写真を残すのは難しい。
加えて、ウシオニハゼという強そうな名前のくせに、ちょっと近づいたら速攻で巣穴に逃げこむ臆病な性格なので余計に撮りにくい。
しかも巣穴に逃げ込んだ際に巻き上がるシルトで一気に海水も濁りますし。

以前に投稿したウシオニハゼも宜しければどうぞ。
彼らを見かける場所は、必ずと言っていいほど内湾的な環境で近くに川が流れこんでいること。
その影響で水面付近は真水で冷たく、海底には細かく体積の軽いシルトが嵩高く積もっている海域が多い様に思います。

和名:ウシオニハゼ
学名:Flabelligobius russus
撮影:2011年1月2日

前にも書きましたが、このモワモワっとしたシルトな海底環境の中で自分以外のゲストさんにウシオニハゼを紹介できるガイドって本当に尊敬する。
私は自分一人で見るだけで精一杯。

ウシオニハゼ
撮影 : 2011年1月1日

沖縄本島ダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)