産業祭り

産業祭り
産業祭り
日曜日の午前中は那覇空港に程近い奥武山公園(おうのやまこうえん)と呼ばれる場所で開催された「産業祭り」に新人社員達を引き連れて参加してきた。

簡単に言えばたくさんのメーカーが集まっているので、効率よくメーカー周りが出来る算段。

ただ当日は太陽がカンカン照り。ほんの1時間もしない内に顔はカリカリに日焼けするレベルで2時間も回ったところで全員バテバテ。
本州では木枯らし1号などとニュースで放映していたが、週末の沖縄本島はセミも鳴くほどの夏日だったのです。

ただ産業祭りについては毎年思うのが、「誰に」「何を」「見せたい(売りたい?」のかが、伝わってこない。
沖縄に移り住んだ人は分かると思うが、沖縄の商売は内弁慶型である。
分かりやすく言えば知り合いの知り合いをメインに商売をしているような感じ。
だからサービスの向上もしないし、商品力(商品開発力)の向上も見られない。

今年の例を挙げてみると、このクソ暑い夏日に「おでん」を売っていたり(もちろん全然売れていない)、既にマンネリ化したもずく沖縄そばや、もずく餃子、根拠の怪しげなコスメ商品などだ。
ただ、素材としては47都道府県の中では目を引くものをたくさん持っている部類に入るので、やり方を変えれば簡単に伸びると思う。

自分で商売しよかな 笑

産業祭り

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)